アトピーの子どもがゲレンデで紫外線に注意する理由を教える総合情報サイト

>

雪の紫外線によるアトピーへの悪影響

アトピー肌への紫外線は細胞が傷つくことも

アトピー肌への紫外線による影響についてですが、紫外線を肌が受けると皮膚細胞の遺伝子が傷ついてしまうという事があります。皮膚はこの紫外線などによる細胞へのダメージをある程度治すという働きもあるのですが、傷が多すぎる場合は修復ができない場合もあります。アトピーの肌は免疫が弱いので、肌の細胞へのダメージを完全に修復しきれない場合が多いです。なので雪などの強い紫外線があるところには注意をしなければならないのです。

このような紫外線による細胞へのダメージが持続してしまうと、細胞が傷ついてしまった状態のまま修復されてしまい、処理が不適切になり、場合によっては皮膚がんといった病気になってしまうこともあります。なのでゲレンデなどの強い紫外線のある場所ではアトピーの方は特に対策をしっかりとしておきましょう。

紫外線によってバリア機能の破壊や炎症も

紫外線が肌に当たると、皮膚のバリア機能が破壊され、表皮の細胞が生まれ変わろうとする働きが早まり、角層の水分が普段よりも早く失われるといった事が起こります。そうなると肌が乾燥しやすくなり、肌の皮がポロポロとむけてしまったりといった
事が起きてしまいます。なので紫外線が強いことはもちろんのこと、乾燥の非常に強いゲレンデではアトピーの方は注意をしなければならない点が多いのです。

また、バリア機能の破壊以外にも炎症といった肌への悪影響があります。アトピーの方のおよそ半数は紫外線が当たると一時的にですが症状が良くなる場合があります。しかし皮膚が赤みを帯びてくるなどしてくると炎症物質によってアトピーがより悪化してしまう場合があります。なので長時間の紫外線はアトピーにとって非常に危険なのです。


この記事をシェアする